ヴィトックスαはタバコや酒で効かなくなる理由とは?

ヴィトックスαはタバコや酒で効かなくなる理由とは?

タバコを吸ったり、お酒を飲んでいる人はヴィトックスαが効きにくいです。その理由について説明をします。

 

タバコで効かなくなる理由

タバコを吸うことによって、血管が収縮してしまって血流が悪くなります。ヴィトックスαはペニスの血流を促して、ペニスに増大させるために必要な栄養素や成長ホルモンを運ぶことによって、海綿体の細胞組織の分裂を促進することで増大効果が得られるものです。

 

しかし、タバコによってその血流の促進が阻害されてしまうわけです。また、タバコは体力を低下させ、健康に害を与えます。精力のみなぎる健康的なペニスになるには、健康で体力のある身体でなければ難しいです。不健康なのにペニスだけ元気ということはあり得ません。

 

ペニス増大や精力増強をしたいのであれば、可能であれば禁煙をしたほうがよいでしょう。もし、禁煙することが難しいのであれば、ある程度ヴィトックスαの効果が出るまでに時間がかかることを覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

 

お酒で効かなくなる理由

お酒を飲むと、最初は血流が良くなるのですが、ある程度時間が経過すると今度は血流が悪化する傾向があります。このようにお酒を飲むとペニスの血流が安定しなくなります。血流が良い時はペニス増大や精力増強には良いのですが、血流が悪化した場合は、ペニスの成長を阻害する可能性があります。

 

また、お酒を飲むことによって、テストステロンという男性ホルモンの分泌量が低下します。ペニス増大や精力増強には、男性ホルモンが多く分泌されていたほうが好都合です。逆に男性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、精力減退や精子の減少につながってしまいます。

 

さらに、シトルリンやアルギニンなどヴィトックスαのアミノ酸成分を消化するためには肝臓が使われます。でも、アルコールを飲むことによって、アルコールの分解に肝臓が使用されるため、肝臓に負担がかかりますし、肝臓の機能が低下すれば、ちゃんとヴィトックスαの栄養成分を消化吸収できなくなっていまいます。

 

またアルコールを分解するのに、ヴィトックスαのアミノ酸成分が使用されるので、せっかく摂取したものがペニスの方に供給されなくなってしまいます。

 

ちなみにアダルトビデオの男優さんは精力が減退するという理由で、ほとんどの人がお酒を飲まないそうです。

 

ある程度ペニスが理想の状態になるまでは、お酒も我慢したほうがよいと思います。

 

タバコやお酒を我慢して、健康的な生活を続けることでより早く理想のペニスを手に入れることができるでしょう。